PADI プロコース

PADI以外のほか団体のCカードをお持ちの方は担当スタッフにおたずね下さい。
ダイビング器材は各自、体形に合った使いやすいものが必要になります。現地にて格安で購入できます。



PADIインストラクター取得コース


SPDでは、プロダイバー教育プログラムの指導を主体として実施しているSHOPで、日本人コースディレクター&オーナーで"諏訪田隼人"率いるスタッフ陣が、オーストラリア国内でも最高水準のインストラクター養成を行なっております。
今までに、300名以上の日本人プロダイバーが誕生しており、現在は世界の海で活躍しています。
当SHOPでは、独自の教育システムを導入し、通常はアマチュアダイバーがインストラクターになるまでの長い道のりと費用を効率よく短期集中型でさらに費用もおさえた無駄のない設定になっており、受講される方にとっても多くの利点が受けられます。



Surfers Paradise Diversならではの特典

ダイブマスター以上のプロコース期間中は、

  1. 何本でもダイビング無料

    コース期間中は、何本でも無料でダイビングができます。
    インストラクターになる為には、数多く潜り込み、プロとしての経験が必要です。
    でも、1ダイブづつお金を払っていたら100ダイブ潜ると、すごい金額になってしまいます。
    Surfers Paradise Diversでは、ボート代,タンク,ウエイトレンタル代など、一切かからずフリーですからお金を気にせずしかも、体験ダイビングからプロコースまで随時開催しているので、実際に100ダイブなんてあっという間に潜れちゃいます。

  2. コース終了後、アシスタントをしながらインターンシップも無料

    コース終了後も、現役インストラクターのアシスタントをしながらインターンシップも無料で受けられます。
    当ショップでは体験ダイビングからプロコースまで、常時各種コースが開催されており、実際にベテランインストラクターから講習のテクニックや安全管理の方法など現場体験しながら学習できます。
    もちろん、ダイビングフィーは無料ですから、納得のいくまで潜りこめます。

  3. アルバイトをしながら収入をGET!

    ワーキングホリデービザを取得すれば、現地に1年間滞在でき各種アルバイトをしながら収入を得ることも可能!

  4. ダイビング以外のサポートも充実!

    ホームステイや英語学校,ホテル,コンドミニアム,アパートなどの紹介から、空港送迎手配、タウンガイドも致しております。




    料金に含まれているもの
  • 施設使用料
  • プール使用料
  • 海洋実習費
    (ボート代、タンク&ウェイトレンタル)
  • 日本語による講習
  •  
    料金に含まれていないもの
  • インストラクター試験受講料
  • 現地での生活費
  • ダイビング器材代
  • 教材費
  • 登録料 など

ダイブマスターコース [DM] 日数 料金
ダイビングを仕事にしたいと考えるダイバーの為のプロフェッショナル育成コース。
リゾート地での水中ガイドや講習アシスタント等、プロとして活動できる知識と技術を身につけて行きます。
参加前条件
レスキューダイバーまたは、同等資格を受けていること。
20DIVEの証明が出来ること。
年齢満18歳以上であること。
ダイビングに適した健康コンディションであること。
コース内容
ダイブマスターは2つのコースが選択でき、短期集中型のAコースと実際にインストラクターのアシスタントとして講習に参加しながら、経験をつむインターンシップのBコースがあります。
2週間 A$990
+
登録料

アシスタントインストラクターコース [AI] 日数 料金
PADIインストラクターコースに進むまでの重要なステップコース。
IDC/IEに参加する前に備えるべき知識と技術をしっかりとマスター出来る準備コースです。
参加前条件
ダイブマスター又は、同等資格を受けていること。
60DIVEの証明が出来ること。
年齢満18歳以上でダイビングに適した健康コンディションであること。
コース内容
自習学習、学科講習、および応用実習を通して効果的な講習プレゼンテーションを組み立て、PADIの各プログラムを指導する事を学びます。
又、オプションのインターンシップでは、今までの成果を実践の場でトレーニングし、インストラクターに代わって実際に講習を担当します。
1週間
+
登録料

インストラクター養成コース [ID] 日数 料金
インストラクターとしてダイバー養成活動ができるように知識、スキルを開発し身に付けるだけでなく、IE(インストラクター試験)に合格する為の必要不可欠なトレーニングプログラムです。
参加前条件
ダイブマスター又は、アシスタントインストラクター資格を受けていること。
エントリーレベルの認定を受けてから6ヶ月以上経過していること。
60DIVEの証明が出来ること。
年齢満18歳以上でダイビングに適した健康コンディションであること。
過去2年間以内にMFA(救急法コース)又はCPRコースに参加していること。
8日間 A$3060
+
登録料

インストラクター試験 [IE] 日数 料金
IDC終了後、PADIオーストラリアが開催するインストラクター最終試験です。
これに合格すればPADIインストラクターとして活動できます。
参加前条件
IDC(インストラクター養成コース)を修了していること。
エントリーレベルの認定を受けてから1年以上経過していること。
100DIVEの証明が出来ること。
年齢満18歳以上でダイビングに適した健康コンディションであること。
2日間 IE受講料
A$865
+
IE通訳料
+
Diving Fee
EFRインストラクターコース [EFRI] 日数 料金
PADIアドヴァンスプラス及びレスキューダイバーを認定するのに必要な資格。
EFRコースの開催方法やプロモート法を学び、ノンダイバーへの認定もできる医療ベースのインストラクターコース。
参加前条件
PADIアシスタントインストラクター又は、それ以上のインストラクター資格の認定を受けていること。
2日間 A$440
+
登録料
マスタースクーバダイバートレーナーコース [MSDT] 日数 料金
5つのスペシャルティーインストラクター資格が取得できます。
PADIコースディレクターより各コースの開催方法や効果的なマーケティングについて習得し、インストラクターのレベルアップを図ります。
参加前条件
PADIアシスタントインストラクター以上の資格の認定を受けていること。
IDCを修了したダイブマスター以上で認定を受けていること。
6日間 A$1,100
+
登録料
スペシャルティインストラクターコース [SPI]
スペシャルティーコースはそれぞれのダイバーの方にご自分のダイビングの楽しみ方を広げていただくことが目的です。
ご自分のレベルやご希望に合わせて興味をお持ちのコースに一つでも多く参加してみましょう。
アンダーウォーターフォトグラフィー
水中写真のノウハウを学ぶコース。
器材スペシャリスト
器材の選び方や、長持ちさせる手入れの仕方などをマスターするコース。
レックダイブ
海底に沈んだ船や戦闘機といった物の観察や調査の方法を学ぶコース。
アンダーウォーターナチュラリスト
水中世界のマナーを知り、水中生物を観察する目を養うコース。
アンダーウォーターナビゲーション
水中で迷子にならないようにする為のテクニックをマスターするコース。
ドリフトダイブ
ボートダイビングは、ドリフトダイビングが主流。
潮流を利用した、楽なダイビングテクニックをマスターするコース。
ナイトダイブ
神秘的な夜の海を安全にダイビングできる知識とテクニックをマスターするコース。
ボートダイブ
快適にボートダイビングするために必要なテクニックをマスターするコース。
ドライスーツダイブ
ドライスーツの操作方法やメンテナンスの方法をマスターするコース。
ピークパフォーマンスボイヤンシー
全てのダイビングシーンで重要なスキルの1つである中性浮力をマスターするコース。
IDCスタッフコース [IDCS] 日数 料金
PADIコースディレクターが開催するIDCにフル参加し、インストラクターの育成方法について学んでいきます。
将来、マスターインストラクターやコースディレクターを目指す人には必修のコースです。
参加前条件
PADIマスタースクーバトレーナーとして認定を受けていること。
1週間 A$880